城陽市観光協会   〒610-0121 京都府城陽市寺田樋尻44-8


TEL.

0774-56-4029

 FAX.

0774-55-0560
梅の郷 青谷づくり
最新の投稿はこちらをご覧ください。

めざすもの: 近畿の名勝であった青谷梅林を復興し後世に引き継ぐ体制を構築する。
メンバー: 梅林振興協議会・城陽環境パートナーシップ会議・コミセン運営委員会
城陽生きもの調査隊・個人の12名
活動: 会議は毎月ほぼ1回実施して作業計画・荒廃梅林対策等につき協議。
作業は梅まつり散策道沿いや再生可能な荒廃梅林の竹の伐採・除草・施肥。
炭焼き その他 梅の実採り・門松づくり等を実施。
炭焼きは、22年の1年間で8回実施し、参加者延べ176人、消し炭製造426kg。
龍福寺裏山の梅まつり散策道沿いに、見晴らし台を整備する。

 
最新の投稿はこちらをご覧ください。

めざすもの: 青谷川周辺の里山の維持と清流の復活、蛍の飛び交う環境づくり。
メンバー: 城陽生きもの調査隊・城陽市観光案内ボランティアクラブ
・青谷コミセン運営委員会・個人の10名
活動: 清流の復活と蛍の飛び交う里山にするための葦の伐採。
※2回実施。(学生ボランティア含め参加者延べ40名)
地域住民の憩いの場となる散策道の設定・整備。
※散策道整備3回実施。(参加者延べ20名)
里山の自然を活かし地域の輪を拡げる里山体験イベントの実施。
※星空観察会を実施。

 
最新の投稿はこちらをご覧ください。

めざすもの: 青谷の梅(城州白)等を使った新しい梅製品の開発・販売に取り組む。
メンバー: 城陽生きもの調査隊・青谷梅小町の会・城陽作業所・個人の10名
活動:

梅びしおの容器、ラベル、包装の検討。試作(城陽生きもの調査隊)
しぼり梅を使った梅グラッセの開発・試作。(都食品)
梅ソフトクリームの試食会実施(緑化まつり)。今後、販売に向けての
展開をする。
梅おかき・梅クッキーの開発・試作。(城陽作業所)
パウンドケーキの開発・試作。(藤田氏)
梅まつり出品者への梅製品を中心としたアンケート調査。

活動状況

梅の郷 28.4.21 里山部会 松尾の小道の整備を行いました。 

平成28年4月21日(木) 青谷丘陵内の高塚林道と松尾林道を結ぶ「松尾の小道」を

里山部会のメンバーにて整備を行いました。

一昨年の豪雨にて橋が流され、草が生い茂って通行不能となっていた箇所の草刈り

倒木の伐採等を行い、通行が可能なように整備いたしました。

松尾の小道の途中には、部会のメンバーが作成した「お休み処」もあって、

なかなか雰囲気の良いところです。 是非一度お越しください。

梅の郷 28.4.11 梅林作業 実施報告

平成28年4月11日(月)9時30分より、龍福寺裏山の堂山見晴台付近にて

梅林作業を実施しました。 梅林を侵食する竹を伐採して搬出し、炭焼きを行いました。

良質の筍がたくさん顔を覗かせていて、梅林作業の終了後には、全員で筍刈りを楽しみました。

梅の郷 28.4.3 里山ウオ―ク “花咲く青谷を巡る” 実施報告

平成28年4月3日(日) 22名の参加により”花咲く青谷を巡る”ウオークを実施いたしました。

《主なコース》JR山城青谷駅→賀茂神社→深廣寺→木津川桜堤→松本神社→西生寺→松井蔵人の碑

→城山散策道→エドヒガン桜(南京都病院)→天山展望台→堂山見晴台→龍福寺→中天満神社→JR山城青谷駅

天候は曇り。木津川桜堤や今回のメインであるエドヒガン桜を中心に、色鮮やかな花々が咲き誇る青谷の里山

を歩いてきました。 エドヒガン桜がちょうど満開で、風に花びらが舞っていました。

春のエドヒガン桜、必見です!!.

 

› more