城陽市観光協会   〒610-0121 京都府城陽市寺田北山田27-7


TEL.

0774-56-4029

 FAX.

0774-55-0560
09月

史跡といもほりとうまいもん

お陰様で無事終えました。

天気も上々おいもも小振りながらええ育ち具合です。

史跡巡りも新たな発見がありその昔神信仰が仏教信仰に代わるときに生まれた仏像の由来など和尚さんからのお話など興味深く拝聴しました。

最後はお楽しみの、うまいもんを堪能していただきました。あらすいものホクホク感や甘味がしみこんでいる渾身の料理を提供していただいたレストランには感謝です。untitled

untitled

これから収穫の秋

おいもの問い合わせが多くなりました。

ショップ五里五里の里では、現在イチジクを販売していますが、10月の初旬を目途にしています。

あらすいも掘り農園ではすでに始まっています。こちらはJA京都やましろ城陽支店(0774-52-5131)が受付をしています。

 

それよりもなによりも、芋掘りとうまいもんウォーキングがまだ募集中なのでお電話を待っています。

9月25日に受付終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

第2回城陽メルカート

昨年とは違い広い会場で行われ、実行委員会の皆様は多くの決断をされたと思います。

台風の接近に伴い雨風が強く明け方まで準備に費やした知力体力は計り知れません

お疲れ様でした。

多くの皆様が来場していただき開場までに多くの方が楽しみにして並ばれていたのにはビックリでした。「楽しみに待ってたねん」「来てよかったわぁ~美味しかったし沢山食べたし持ち帰りも両手やで~」なんて声が聞こえ嬉しい限りです。こちらは梅干しと梅シャーベットを販売

やはり根強いショッパイ梅干しファンがブースに来ていただきました。梅シャーベットも予想よりは多くの方々に食べていただき感謝!美味しかったの一言で喜んでしまいました。グループで来ていただいたお客様で一人だけ買ってくれてのが、一口みんな食べて気に入り全員が買ってくれたグループの方々ありがとうございました。

untitled行列のチケット売り場を梅干し越しに見ましたよ。

駅ナカ御礼

沢山の方々に城陽の特産品をお買い上げいただきありがとうございました。

イチジクの美味しさや、梅製品の良さなど伝えることが出来たことと、お礼をいただいたことなど

本当に嬉しく思います。

いちじくが完売し、再び城陽市観光協会まで買いに来ていただいたお客様もありがとうございました。

毎日入荷していますが、ほぼ午前中に売り切れています。嬉しい悲鳴をあげています。

ご当地サイダーの人気で梅サイダーも好調に売上げています。

 

 

駅ナカの販売

たくさんの美味しいイチジクを届けられるよう奮闘していますが・・・

天気がどうも不順で心配です。でも、ほかにも城陽の特産品が沢山揃えていますので、是非覗いて下さい。

京都地下鉄の中央改札口に幟を立ててお待ちしています。

無花果ジャムも、梅ジャムも他に珍しいイチジク加工品を取り揃えてます。

そうそう忘れてならないのは梅サイダーも新登場ですよ。

もちろん梅ジュースも販売します!リピーターの方が多いので早く売り切れるかも知れません。

前回は売り切れてしまいご迷惑をおかけしました。

10:00~18:00まで頑張って販売します。

梅干しを使った旬の料理を紹介

9月は食材が多くある中で、秋は美味しいさんまが安く手に入る季節ですね。焼き魚も美味しいけれど、たまには違う食べ方に挑戦して下さい。お酢と梅干しでさっぱりと骨まで食べられるほど柔らかく煮て美容にも良いヘルシーメニューです。
■ 材料 (2人分)
・さんま 1~2尾(魚の大きさにより調整)
・ねぎ 1本
・生姜 1かけ
梅干し 1個特に京都青谷の城州白
・砂糖 小さじ1
・寿司酢 60cc
・水 150cc
・醤油 小さじ1
■ 作り方

◎1 下準備
さんまは頭を落として内臓を出し、ブツ切りにします。ねぎは食べやすい大きさに切り揃えておきます。
◎  2煮込む
ネギ、生姜、梅干し、砂糖、酢、醤油、水を鍋に入れて火にかけます。沸騰したら魚を入れて、弱火でじっくり1時間煮込みます。
◎ 完成!
梅干しとお酢で煮込んださんまは、骨まで食べられる柔らか仕上がり。コトコト煮込むので時間はかかるけれど、手順は至って簡単な、お手軽レシピです。ぜひお試しください。