城陽市観光協会   〒610-0121 京都府城陽市寺田樋尻44-8


TEL.

0774-56-4029

 FAX.

0774-55-0560
03月

雨の梅まつり・・本日は食堂、売店とも閉店いたしました。

P1030524

雨の木曜日。梅林も静けさを取り戻しています。

昨日までの賑わいがウソのようです。

早くお天気が回復してくれることを祈りながら

この週末に備えて、いろいろな準備をすすめていきます。

週末には、この雨で元気を取り戻した梅の花を是非ご覧ください。

会場でお待ちいたしております。  (h)

梅レシピの贈呈式

11日はよく晴れわたり平日にもかかわらず、たくさんの来場者が来られました。

もっと嬉しかったのは青谷小学校5年生のみんなが考えていただいた梅レシピ集を青谷梅林梅まつり実行委員長に贈呈してもらったこと!中尾秀明委員長はうれしい!ありがとう!と感謝感激してました。

そしてプラムちゃんも登場しての贈呈式となりました。

沢山の部数を用意してもらったけれど直ぐに来場者の手に渡りました。こよなく青谷を愛してくれている青谷小学校の皆様ありがとうございました。

今後は観光協会のほうで増刷をして会場で配布いたします。青谷梅林が多くの皆様に知られる良い機会を与えていただいた青谷小学校関係者の皆様ありがとうございました。

5分咲きにて待ちきれない春

untitled

寒い風が時折吹く日でしたが春を待ちきれない人たちが梅まつり会場に行列をつくっていただきました。

1本で2度楽しめる美味しい梅福もちの呼び声に誘われて、お陰様で完売いたしました。

ありがとうございます。

untitled

売店もここでしか味わえない梅うどんや土日限定の炊き込みごはんと城陽特産品の詰め合わせ「プラムちゃんセット」いろいろ入ってお得なうえにおまけ付きなんですよ。

untitled

 

 

研修旅行

untitled2日間の研修旅行に行ってきました。初日は雨の上に突風が吹く寒い日でした翌日も雪が舞う2日間でしたが、会員の皆様も楽しんでいただけ無事終える事ができました。

鈴鹿の森庭園では、梅まつりがはじまっており雨の中研修をしてきました。構想に10年開園してからまだ2年という新しい梅の古木それもしだれ梅を中心に集めており見事な庭園でした。職員さんの説明にも力が入っており寒さと雨にも負けない説明を聞き、これほど規模を維持管理していく覚悟がなければ梅林の存続はないと改めて認識させられました。

untitled

会場の周りは茶畑が広がり、城陽の雰囲気を感じさせる雰囲気でした。

 

2日目は伊勢神宮とおかげ横丁のコンセプトを研修してきました。明日に報告いたします。

 

 

城陽市観光協会フォトコンテスト

受付が始まりました。

開店早々にNO1の番号をもらいたくてと応募者の方が来られました。

うん?「昨年入賞された方ですよね」と問いかけると、「そうなんやゲン担いで1番が欲しくてな!」こんな会話も12回続けて実施してるからですね。

たくさんの応募を待ってます。