城陽市観光協会   〒610-0121 京都府城陽市寺田樋尻44-8


TEL.

0774-56-4029

 FAX.

0774-55-0560
鴨谷の滝コース整備

鴨谷の滝コース整備

先日、鴨谷の滝へ行かれた方が倒木があり、鴨谷の滝へ行けなかったとの、ご指摘があり6月5日に整備を行いました

ご指摘のあった個所は、毎年倒木や流木が集まる所で危険なものは、チェーンソーやのこぎりを使い片付けを行いました。

ただ、このコースは、必ず沢に入る事が前提ですので、まったく靴が濡れない状態では鴨谷の滝には到達いたしませんので、ご承知おきをお願いいたします。

ご指摘の箇所以外にもどうしても沢の中に入る所がございます。梅雨が明けると又整備に入ります。

untitleduntitled

 

 

 

 

8月1日には、鴨谷の滝アドベンチャーツアーを行いますので、ぜひ参加をお願いいたします。

一休温泉入湯券付ですので、

 

 

 

« »

コメント

  • aki より:

    昨日(6月7日)に行きました。楽しく歩けるように整備して下さって、ありがとうございます。

    膝までの長靴で行きましたが、途中一カ所、両側も岩で水が深いところがあって、岩の近くよりも真ん中に長靴ぎりぎりの深さのところを見つけて渡ろうとしましたが、越える直前に浸水、やっと突破しましたが、帰りも同じところを通らなければいけません...でもそれも楽しい探検でした

    どこかで屋久島みたいと書かれているように、わずか数百メートルなのに都会の近くとは思えないすばらしい場所だと思います。

    • joyo より:

      aki様
      ご連絡ありがとうございます。数日前の水が出ていたと思います。
      鴨谷の滝へは、安全なハイキングコースでは、ありません。8月1日に実施するウォークはアドベンチャーが頭につく位ですから。
      無事に終えられホッとしています。別ルートもございますので、ガイド要請をしていただければご案内いたします。
      ガイド1人に対して1,000円です。(数人で申し込んでいただければ割安となります。)

  • aki より:

    ご心配かけてしまったようですみません。近所なので先週もう一度行ってみました。前回の場所はさらに水が深く通れませんでしたが、ロープを張った別ルートが分かりましたので通り抜けることができました。

    危なそうなところ言えば、最初に川を渡る木の橋が壊れてデコボコになっていて下が見えるようなところあるのが気になりました。水量は少ないので、浅瀬を渡ってもよいと思うのですが道はあるでしょうか。

    • joyo より:

      aki様
      ありがとうございます。
      ご指摘のロープで山まわり所には、近々に案内板の設置をいたしますので、今しばらくお待ちください。
      危険な個所の木橋ですが、応急処置をいたしますので、これも今しばらくお待ちください。
      迂回の道はありませんので、また行かれる時にはご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です