トップページ > 城陽市観光だより > 宿泊・自然体験ふれあい・施設
城陽市観光だより

 城陽の観光スポット<自然探索>

南山城の歴史と自然にふれよう 出かけよう 「山背古道」へ

歴史と自然に親しみながら散策を楽しみ、心身をリフレッシュさせるには、「山背古道(やましろ・こどう)」は最適なコースです。山背古道は城陽市から井手町、山城町を経て木津町へと続く、南山城地方の古くからの道の一つ。周辺には遺跡や文化財をはじめ、豊かな自然が広がり、道をたどると悠久の時の流れを旅するような、そんな不思議な感じが…。


山背古道


古くて新しい道

南山城地方は、奈良の都と京の都の中間にあって、古くから栄えた自然豊かな歴史の薫る地域です。この地域の木津川沿いには、私たちのまち城陽市、井手町、山城町、木津町の1市3町が北から南へ続いています。その1市3町をぬうように走っているのが、「山背古道」です。古くから、これらの地域をつなぐ道として、人々に親しまれてきました。郷愁と豊かな自然いっぱいのこの道が、いま新しい出会いと物語を生み出していきます。

 では、山背古道の道筋をたどってみましょう。古道は、城陽市(JR城陽駅・起点 → 正道官が遺跡→ 水度神社 → 鴻ノ巣山 → 森山遺跡 → 長池の宿場町→ 青谷梅林)から井手町(フルーツライン →高神社 → 玉津岡神社)を経て、山城町(蟹満寺→ 不動川公園 → 湧出宮 → 神童寺 → 大塚山古墳→ 竹林 → 山城郷土資料館 → 高麗寺跡)へ。そして、木津町(木津の町並み→ 上人ケ平遺跡 → 平城山・終点)に至る約25キロ。自然や遺跡・文化財、町並みなどを生かした魅力ある道となっています。

それぞれの市町が、その特色を生かして連携することにより、さまざまな自然・歴史・文化資源をより一層魅力あるものにしています。そして、地域づくりの活性化を図ろうと、平成5年から京都府と1市3町で取り組んできました。7年5月には「山背古道推進協議会」を設立。より緊密に広域連携をとりながら、山背古道プロジェクトを推進しています。
山背古道


近隣地域のよさを見つけましょう

城陽からちょっと足を伸ばしてみたいという人には、山背古道は最適のコースです。一度に歩こうとしないで、何回にも分けて歩かれてはどうでしょう。自分のペースで、距離を考えてお出かけください。豊かな自然と、趣深い町並みがあなたをお待ちしています。
山背古道   山背古道周辺は、豊かな自然に育まれた独特の文化と風景が息づいています。時を重ね、それらが日常の風景に溶け込み、そこを歩くと大切な何かを思い出したり、発見したりできる道を形づくっています。近隣地域のよさを、山背古道でぜひ味わってみてください。


※ 山背古道推進協議会事務局は山城町役場Tel(86)2300です。いろいろなイベントを1市3町で協力して行っています。
イベントを実施するときには、「広報じょうよう」でもお知らせしますので、ぜひご参加ください。
古道についてのお問い合わせは事務局(山城町役場)へ。



城陽市観光協会
〒610−0121
京都府城陽市寺田樋尻44−8
TEL. 0774−56−4029
FAX. 0774−55−0560
定休日. 水曜日
受付時間. 9:00〜17:00
Copyright (C) 城陽市観光協会 allright reserved.