トップページ > 城陽市観光だより > 京都府城陽市の史跡・社寺・名所
城陽市観光だより

 城陽の観光スポット<自然探索>

春風に乗ってサイクリングを楽しもう
城陽市 レンタサイクル サイクリング
今、自転車が静かなブームとなっています。騒音や排気ガスとは無縁の環境にやさしい乗り物としてはもちろん、健康法としても注目され、エアロビクス(有酸素運動)効果に優れたスポーツとして「バイコロビクス」という言葉も生まれました。
5月は「自転車月間」、そして5月5日は「自転車の日」です。そこで、アイリスイン城陽のレンタサイクルを利用して、市国際交流員の金幸子(キム・ヘンジャ)さんに市内のサイクリングを体験してもらいました。
アイリスイン城陽


各種のレンタサイクル が利用できます

鴻ノ巣山運動公園・レク レーションゾーン東端に、緑に囲まれて位置するのが サイクリングターミナル「アイリスイン城陽」です。 係の人に案内された車庫には、スポーツ車・子ども 用・婦人用・一輪車までいろんな種類の自転車が60台 用意されています。点検や調整を済ませて、 乗車時の注意事項に関する説明を受けた後、明るい日 差しの中をいざスタート。駐車場の出口を左に進み、 市民体育館を右手に見ながら、なだらかな坂道が続き ます。 軽快だったペダルが重くなり、心拍数の高まりと流 れる汗を感じたところで、下り坂へ。 身体に当たる風が心地よ く、スピードを上げながら走ると、間もなく京都パー プルサンガの練習場「サンガタウン城陽」に到着です。
芝生の緑が映えるグラウンドの脇に自転車を止める と、ボールの音と選手たちの掛け声が聞こえてきます。 身近で見るプロ選手のプレーは迫力十分で、思わず 手足に力が入ります。全国に16しかないJ1チ ーム。その練習場が市内にあるのだから、市全体で盛 り上げて行きたいですね。 サンガタウン城陽
レンタサイクル


古代のロマンに 思いを馳せて
平川廃寺跡
サンガタウンを出て、住宅の連なる丘を越え久津川方面へと走ります。自転車で走ると、日頃何気なく通り過ごしている建物や草花が新鮮に感じられるから不思議です。沿線の風景を楽しみながら、JR奈良線の踏切にさしかかると、右手にこんもりとした森が広がります。ここは、南山城地方最大の前方後円墳「車塚古墳」です。この古墳は全長約180メートルもあり、日本で最大級の石棺が発見されました。 踏切を渡り、さらに西へ走ると旧奈良街道との交差点にさしかかります。ここを左折し、100b程走ると「平川廃寺跡」に到着です。廃寺とは、記録に残っていませんが、遺構が発掘された寺のことです。このお寺には国分寺に匹敵する巨大な七重の塔があったとされています。広場に腰を下ろすと、古代にタイムスリップした気分になるから不思議です。


鴻ノ巣山の展望台から 市内を一望

遺跡巡りを終えて更に西 へ走ると、国道24号を渡り木津川堤防へ。さわやかな川風をうけな がら上流へとペダルを踏めば、「緑と水辺のやすらぎ回廊」に到着です。パノラマ写真のように広 がる市内の風景を楽しんだあと、持参したお茶で喉を潤します。 堤防を下り、寺田の市街地を抜けると水度神社の参道へ。木漏れ日の中を軽快に走ると、間もなく石の鳥居が見えてきます。自転車を置き境内への階段を登ると、国の重要文化財に指定されている朱塗りの本殿が正面に。 室町時代の建築美を鑑賞したあと、鴻ノ巣山の散策路へと足を運びます。案内標識に従って登ると、約20分で山頂に到着です。「この山にコウノトリが巣を作ると豊作になる」という言い伝えから名付けられたこの山は、標高約118bの小さな山ですが、市の中心部に位置し、古くからまちのシンボルとして親しまれてきました。今年の 3月には山頂に新しい展望台が新設され、天気の良い日には、市内はもとより、遠く生駒山や六甲山まで見渡せます。
緑と水辺のやすらぎ回廊


サイクリングにでかけよう

山を降りると、再び自転 車にまたがり、アイリスイン城陽を目指します。 最後の坂道を登る頃には、さすがに足が重くなってき ました。息を切らしながらも最後の力を振り絞ってペ ダルを踏み、無事ゴールに到着です。 自転車を返した後は、 プラムイン城陽大浴場で汗を流してリフレッシュ。お風呂から上がると、心地よい疲れと空腹感が。さて、 何を食べようかな…・
サイクリング展望台


今回のコースは約15キロ b、時間にして約半日です。体力に余裕があれば、富野 や青谷方面まで走るのも良いでしょう。でも、交通量 が多く狭い道路も走るので、歩行者と車には十分注意してください。 そよ風を受けてペダルを踏めば、そこはもう別世界。 さあ、あなたも自転車を友に、心地よい汗を流してみ ませんか。

レンタサイクルのご利用は・・・
アイリスイン城陽 0774(55)7811
<自転車使用料>
大人100円  子ども50円 (1時間)
所在地:城陽市寺田大川原
交通機関:JR奈良線城陽駅下車 徒歩35分
レンタサイクル貸出
近鉄寺田駅西口「NPO法人きらっと」で実施しております。
地図(マップ)
【お問合せ】TEL.0774−56−6110
【料金】半日300円 、1日(9:00〜17:00)600円、
但し、保証金1,000円(自転車返却時精算)
※子供用自転車はありません
地図



城陽市観光協会
〒610−0121
京都府城陽市寺田樋尻44−8
TEL. 0774−56−4029
FAX. 0774−55−0560
定休日. 水曜日
受付時間. 9:00〜17:00
Copyright (C) 城陽市観光協会 allright reserved.
>